うつ病の可能性があります

悩む成人女性

無気力や意欲の減退が見られます

平日は仕事や家事、育児などで忙しい人が増えているので、休日はレジャーや娯楽を楽しみたいと感じている人がほとんどです。精神的なストレスが溜まっていたり、疲労や睡眠不足などが原因で、楽しいはずの休日に、何もできないので悩んでいる人が増えています。無気力になってしまったり、意欲の低下、体のだるさなどが原因で、うつ病のような症状が出ることもあります。休日何もできないので悩んでいる人は、十分な休息や睡眠を取ることも大事です。休日はゆっくりと寝ていたい人が多いですが、あまり起床時間を遅くしないことも大事です。洗濯や掃除などの家事は、家族がやってくれると、時間に余裕が出来るので、暇すぎても休日何もできないこともあります。うつ病の症状が3週間以上続いている場合は、精神科や心療内科のクリニックを受診するのをお勧めします。仕事や人間関係、育児などの悩みを持っている人は、医師のカウンセリングを受けることで、気持ちが楽になることもあります。症状が重い時は、抗うつ剤などを処方してくれます。

現代社会は、職場や学校でも人間関係が複雑ですし、パートやアルバイトでも、責任のある仕事を任されることもあります。日常の生活をしていると、誰でも何らかのストレスは受けています。大きく環境が変化したり、失恋や離婚、リストラなどを経験すると、一時的に大きなストレスが掛かってしまい、うつ病に罹ることもあります。うつ病に罹ると、平日は通勤や通学は出来ても、休日には疲れが溜まっていたり、意欲や気力が減退して休日何もできないこともあります。休日が楽しみで、レジャーや旅行などを楽しんでいた人は、休日何もできないことに悩んでいます。やる気はあるけれど、外出をしたり、人と会話をしたりするのが億劫になることもあります。うつ病は適切な治療を受けることで、少しずつ回復する病気です。休日何もできないことで悩んでいたり、家事や仕事の効率が下がることもあります。家族や友人に変化が見られる時は、話を聞いてあげるようにしたり、心療内科や精神科に付き添ったりしてあげることも大事です。適切な治療を受けることで、意欲や気力も回復してくるので、休日に外出を楽しめるようになります。